周辺観光情報

周辺観光情報

さつま町内のおすすめスポットやイベント情報などをご紹介します。
初夏の「ホタル舟」、晩秋の「竹ホタル」は宮之城温泉が幻想的な空間に包まれます。

永野金山跡

永野金山跡

300年の歴史を刻んだ永野金山。鉱脈の発見は1640年(寛永17年)で一時は佐渡金山をしのぐ産金量があり日本一の金山と呼ばれた時期もありました。現在は閉山され、わずかに残る遺構があるだけですが当時の繁栄ぶりがうかがえます。
毎年2月に行なわれる「永野ウォーキング」は多くの方が訪れます。

通年
当館から約17km(自動車で約25分)

みやんじょ温泉竹ホタル

みやんじょ温泉竹ホタル

宮之城温泉で行なわれる竹ホタル。竹林の郷と呼ばれるさつま町の竹灯篭を約7,000本を使った光の祭典です。晩秋の奥薩摩は冷え込みがきびしくなってきますが温泉街が優しい光に包まれ、多くの方とのふれあい、そして温泉で身も心もあったかくなるイベントです。

2016年は12月3日(土) 予定

奥薩摩のホタル舟

奥薩摩のホタル舟

宮之城温泉周辺では毎年5月ごろ多くのホタルが飛び交います。当館の各お部屋からも川内川(せんだいかわ)川岸に舞うホタルを観賞する事も出来ます。また、竿さし舟に乗ってホタルを鑑賞する「ホタル舟」は宮之城温泉の風物詩ともなっています。
ホタルが飛び交う幻想的な光景を一度ご覧ください。
宿泊のお客様はホタル舟の予約を当旅館が行います。

2016年は5月12日(木)~5月28日(土)
※5月16日(月)・23日(月)は休みとなります。

4/28(木)まで先行予約受付中 詳細はこちら
※一日の予約席に限りがありますので必ずお電話で当旅館にご確認の上ご予約ください。

川内川鮎まつり

川内川鮎まつり

毎年6月5日(日)の鮎漁解禁にあわせて,川内川鮎まつりが開かれています。会場では鮎の塩焼き(1尾¥50)やニジマスのつかみどり、魚の放流体験などが行なわれます。塩焼き用の鮎は3,000匹も用意され多くの方がおいしそうに召し上がっています。当館でも鮎漁が始まるこの時期から食事に鮎の塩焼きをご提供しています。清流の女王と呼ばれる鮎を宮之城温泉でも是非お召し上がり下さい。

2016年は6月1日に開催予定